粉瘤(アテローム)

アテローム(粉瘤)について

アテローム(粉瘤)について皮膚の表面の下である皮下組織にできる腫瘍です。アテロームは、皮膚の中に皮膚の袋が埋まり、そこに老廃物が溜まってコブやシコリのようになったもので、臭いの元になることもあります。炎症で赤く腫れる、感染により発熱と痛みがともなうことがあります。
発症頻度が高い良性疾患ですが、炎症を起こすケースや、放置してソフトボール大まで広がる可能性があります。また、切除して生検を行ってからはじめてアテロームだと確定診断されるため、別の腫瘍である可能性もあります。あまり広がってしまうと切除した際に跡が残る可能性もありますので、早めに治療を受けておくと安心です。

アテローム(粉瘤)の治療

アテロームは手術でしか治すことはできません。小さいものでしたら、当院の外来で手術を受けられますが、大きくなってしまうと入院した上での手術が必要になります。その場合には、提携病院をご紹介しています。なお、アテローム手術は健康保険の適用を受けているため保険診療可能です。
当院ではできるだけ跡が残らない手術を心がけています。そのためご来院いただいた際に感染を起こしていたら、抗生物質の投与や切開して膿を排出させるなどを行い、炎症が落ち着いてから手術を行っています。
アテロームの切除は、局所麻酔後、表面の皮膚を切開し粉瘤の袋をできるだけ破らないように切除して、表面の皮膚を縫合します。アテロームが深くまである、または大きい場合には皮下組織を真皮縫合し、表面の皮膚を縫合します。また、出血が多いと予想される場合には電気メスを用い、止血処置を行いながら切除します。手術の所要時間は、15~30分が目安です。

手術料金(保険診療)と注意事項

サイズやできた場所により、費用が変わってきますのでご注意ください。
できた場所に関しては、露出部と露出部以外があります。露出部は頭・顔・首・肘より末梢側・膝より下の部分と決められており、目安として顔と半袖半ズボンで隠れない部分だとご理解いただくとわかりやすいと思います。

目安となる費用(3割負担)は以下の通りです。

3割負担
露出部 2cm未満 \8,500円程度(手術料+病理検査料)
露出部 2cm以上4cm未満 \15,000円程度(手術料+病理検査料)
露出部 4cm以上 \17,000円程度(手術料+病理検査料)
露出部以外 3cm未満 \7,000円程度(手術料+病理検査料)
露出部以外 3cm以上6cm未満 \13,000円程度(手術料+病理検査料)
露出部以外 6cm以上 \17,000円程度(手術料+病理検査料)

上記料金以外に別途、規定の初診料、再診料、処方料、薬剤料がかかります。

また、真皮縫合をした際は、真皮縫合加算(3割負担で1,500円程度)が加算されます。
平日18:00以降、土曜日12:00以降の場合、夜間早朝休日加算が加算されます。
なお、保険点数の改定にともない、料金が変更になる場合もあります。

術前に全身状態の評価、感染症のチェックのため採血検査が必要となりますので、初診で当日来院での手術はできません。なお、事前の検査も保険適用です。

手術は予約制ですので、初診の診察で、手術日を決定いたします。

アテロームに関してよくいただくご質問

手術が痛くないか心配です

局所麻酔を注射する際にチクッとした痛みはありますが、これは歯科治療での麻酔と同じようなものです。手術中の痛みはほとんどありません。もし痛みがある場合には局所麻酔が効いていない可能性があり、麻酔の追加を行いますのですぐにお申し出ください。

手術後の痛みが気になります

当日と翌日くらいまでは痛みがありますが、1㎝以下の小さい傷では、ほとんど痛みがないこともよくあります。ご帰宅の前に痛み止めの内服薬を処方しており、ほとんどの方がそれでおさまりますが、痛みが強い場合にはすぐにご連絡ください。

入浴はいつから可能ですか?

手術部位や大きさなどにより変わります。早ければシャワーが翌日に可能となります。必ず医師の指示を守ってください。

抜糸までどのくらいかかりますか?

顔面の場合には5~7日、手のひらや足の裏では14日、それ以外は7~10日が目安です。

組織検査の結果はすぐわかりますか?

7~10日後になります。そのため、抜糸の際にお伝えしています。

tel.047-312-7707お問い合わせはこちら
一番上に戻る