痔の日帰り手術について

当院では、プライバシーに配慮した診療を行っており、安心して受けられる負担の少ない診察、治療を心がけているため、デリケートな肛門のお悩みも気兼ねなくご相談いただけます。当院で行っている痔の日帰り手術は、手術後の出血や痛みが軽く、早期に社会復帰が可能なため、周りの人にも気付かれずに治療が受けられます。当院の院長は、国内で有数の手術件数を誇る日帰り治療センターのセンター長を務めていた経験があり、それを活かして患者様お一人おひとりに合わせた手術を行っておりますので、安心してお任せください。

痔について

いぼ痔(痔核)

いぼ痔(痔核)肛門にイボのような痔核ができた状態です。肛門周辺には多くの血管がありますが、静脈叢の血行が悪くなったり、うっ血することによって痔核ができるとされており、排便や出産時のいきみ過ぎや、デスクワーク、冷え、便秘、角のアルコール摂取などが原因となります。
直腸と肛門の境目よりも内側の部分にできる内痔核と、外側の部分にできる外痔核があって、症状はかなり異なります。内痔核の場合、痔核の脱出の有無などの状態によってⅠ度からⅢ度にわけられ、それに合わせた治療法を選択します。

切れ痔(裂肛)とは

便秘で太く硬い便を無理に出そうとして肛門が裂けてしまっている状態です。強い下痢でもなる場合があります。症状は、排便時の強い痛みと出血ですが、出血はあまり多くなく、ほとんどはペーパにつく程度です。
排便時に強く痛むため、無意識に便意を我慢してしまい、便秘が悪化して裂肛を繰り返すケースがよくあります。また、切れ痔を放置すると慢性化して肛門潰瘍となって肛門が狭くなり、便の通りがますます悪化して裂肛が重くなっていくという悪循環もよく起こります。この肛門狭窄がひどくなると手術が必要になります。早期であれば塗り薬などで比較的すぐ良くなりますし、その後便通を改善することで再発を防げます。

痔ろう、肛門周囲膿瘍とは

痔ろう、肛門周囲膿瘍とは肛門周囲膿瘍を放置すると痔ろうになります。

肛門周囲膿瘍は、大腸菌などによる感染症です。直腸と肛門の間には肛門腺窩というくぼみがありますが、そこに細菌が入り込んで感染を起こし、化膿して膿の塊である膿瘍ができたものです。肛門周囲膿瘍が起こると、肛門の周りが腫れ、座れないほどの強い痛みや高熱が出ることもあります。

痔ろうは、肛門周囲膿瘍で化膿した膿瘍が自然と破れるなどして膿が排出され、その膿の通り道であるトンネル状の管ができた状態です。痔ろうでは、肛門から数センチほど離れた場所に小さな穴が開きますが、これが肛門内部とつながってしまっているため、常に汚い液体が出て下着が汚れます。
肛門腺窩には通常、細菌が入ることはありませんが、下痢や免疫力低下、いきみ過ぎなどが原因で細菌が入ってしまうことがあり、これによって痔ろうとなります。

妊娠・出産と痔

女性は妊娠によってホルモンバランスが変化し、便秘しやすい状態になります。また、子宮が大きくなっていくと、肛門の静脈がうっ血を起こしやすくなります。さらに出産時には強くいきむ必要があります。こうしたことから、女性の妊娠・出産は、痔のリスクが高まる時期であり、この時期に痔になる方はかなり多くいらっしゃいます。もともと痔の兆候がある場合には悪化してしまうケースも多いため注意が必要です。
妊娠中や授乳中には治療への制約が生じますので、痔の兆候がある場合には妊娠前にきちんと治療を受けておくと安心です。

痔の代表的な症状

いぼ痔の症状

  • 排便時に痛みや出血がある
  • 排便時に、肛門からイボ(痔核)が出てくる
  • ある日突然、肛門にしこりができて痛む(外痔核)

切れ痔の症状

  • 排便時に強い痛みがある
  • 排便時に出血する(紙につく程度が多く、便器が赤くなることも)
  • 便が細くなってきた
  • 硬くて太い便が出てから症状がはじまった

痔ろうの症状

  • おしりが熱っぽい
  • おしりに強いかゆみがある
  • 膿が出て下着が汚れる
  • 肛門周囲に湿疹や皮膚炎を起こす
  • 肛門周辺にしこりがある

痔の治療

痔の治療痔ろうは手術以外では治すことができませんが、いぼ痔と切れ痔の治療では、生活習慣の改善が最も重要です。軽度の痔であれば生活習慣の改善だけで治ってしまうことよくあります。そして、手術をしても術後に排便習慣を改善しないと痔の再発が起こります。
痔の手術というと痛みが強いイメージを持っている方が多いのですが、当院では入院の必要がないほど痛みのない最新の手術法を導入して日帰り手術を行っており、早期に通常の生活に戻ることができるようにしています。

いぼ痔の治療

PPH法

痛みを感じる神経がない肛門の奥を2cm程切除し、たるんだ肛門粘膜を引き上げて痔を脱出しないようにする手術です。肛門全周に痔が脱出して花が開いたような症例に最適な治療法であり、術後の痛みが軽く、日帰り治療が可能です。使用する器具は、筒状のメスとホチキスのように縫う機能が内蔵された特殊なものです。

切らない痔の治療 ジオンによる硬化療法

いぼ痔にジオンという薬を注射し、痔に流れ込む血液の量を減らして痔を小さくする硬化療法であり、内痔核の治療に効果が高く、注射のみで治療できることから注目されています。これまでの硬化療法は再発しやすい欠点がありましたが、ジオン硬化療法の再発率は、痔を切る手術と同程度になっています。手術と違い、痔による痛みを感じない部分に注射するだけですので出血や痛みが大幅に減少したため、日帰りで治療を受けられることが大きな特徴です。

痔ろうの治療法

シートン法

当院では単純痔ろうに対して、日帰り手術のシートン法を行っています。シートン法では、瘻管(ろうかん)という膿の通り道のトンネルに輪ゴムを通し、瘻管と肛門括約筋を徐々に切除していきますが、切除が済んだ部分は治癒していきますので、従来法と比べて再発率が低く、便失禁などの副作用が少ないという大きなメリットがあります。
ただし、手術でゴムを入れた後、2週間ごとに外来を受診いただき、ゴムを締めていく必要があり、最終的にゴムがとれるまで3~4か月かかります。

費用

1割負担 3割負担
ジオン 約13,000円 約37,000円
結紮切除術 約16,000円 約46,000円
PPH 約20,000円 約58,000円

 

tel.047-312-7707お問い合わせはこちら
一番上に戻る