便潜血検査(血便)と大腸内視鏡検査

便潜血検査では大腸がんを見落とすこともある

健康診断健康診断で一般的に行われている便潜血検査は大腸がんのスクリーニングを目的とした検査です。便に含まれるわずかな出血の有無から大腸がんがある可能性を調べ、陽性の場合(潜血がある)には大腸内視鏡検査で確定診断を行います。
便潜血検査は、陰性であっても大腸がんがある場合もあれば、陽性であっても大腸がんではない場合もあります。
便潜血検査は、あくまで進行した大腸がんを見つけることもある検査であると認識することが大切です。
大腸がんは早期発見できれば完治可能な病気です。前がん病変のポリープも内視鏡検査時に切除すればがん予防につながります。内視鏡検査を大腸がん予防のための検査として普及すれば格段にがんの死亡率は下がると考えられています。内視鏡検査は、大腸がんの早期発見だけでなく予防としてもとても重要な検査なので定期的に検査を受ける事をお勧めします。

便潜血検査陽性と陰性

便潜血検査では便中のヘモグロビンを検出します。あれば陽性、なければ陰性です。
ただ、大腸がんの早期には出血を見ないことが多く早期発見には不向きです。また、便が固まっていない上行結腸などでは出血があっても陽性にならないケースもあります。したがって、「便潜血検査陰性=大腸がんはない」とはいえません。
ただ、便に血液が混じる病気は大腸がん以外にもたくさんあります。痔のケースでも陽性反応が出ます。つまり、「便潜血検査陽性=大腸がん」ともいえません。
陽性といわれたら迷わず大腸内視鏡検査を受けて、出血の原因が何であるのか診断してもらいましょう。

早期発見が可能な唯一の検査

大腸内視鏡検査進行したがんはつらい治療の繰り返しで身体的にも、経済的にも大きな負担となります。日常生活に支障を来すだけでなく、日常生活を奪われてしまうことにもなりかねません。さらに、患者さん本人だけでなく、ご家族もつらい思いをすることになります。
大腸がんは早期に発見して治療を開始すれば完治できる病気です。大腸がんや大腸ポリープを早期の段階で発見できる唯一の有効な検査は大腸内視鏡検査です。定期的に大腸内視鏡で隅々まで検査をし、疑わしい組織を採取して病理検査をしたり、可能であればその場でポリープを切除したりすることもできます。しかも、日帰り手術で可能です。
当クリニックでは専門的な知識と技量を持った医師が新世代の内視鏡システムを駆使し、精密でしかも患者さんにご負担がかからない大腸内視鏡検査を行っています。定期的に、気軽に大腸内視鏡検査を受けていただき、早期に大腸がんのリスクを回避していただきたいと願っています。

TEL:047-312-770724時間WEB予約
一番上に戻る
加賀谷正クリニック 千葉胆石手術Navi おしりのお悩み.com そけいヘルニア日帰り手術 専門外来 加賀谷正クリニック 千葉下肢静脈瘤治療ガイド 手掌(しゅしょう)多汗症の専門外来 手術後の遠隔診療ご希望の方はこちら 日帰り手術ドットコム