当クリニックの内視鏡検査の特徴

当クリニックの内視鏡検査が楽な理由

受付胃カメラと聞くと、いまでも「オエッ」とえずいてしまう苦しい検査と思っている方が多いようです。また大腸カメラは下剤の服用が面倒くさい、検査中も結構痛みを感じる、検査後もお腹の膨満感や張り・痛みの不快感を感じるという方が多かったのは事実です。
最新の内視鏡ではこうした苦しさ・痛さ・不快感を軽減した検査が可能になっています。さらに鎮静剤を併用してウトウトしている間に検査を終えることもできます。検査機器や検査技術の革新的進化が患者さんの負担を大きく軽減しています。
その進化によって内視鏡検査が普及することで、消化器がんの早期発見がより現実のものとなるのです。胃がんや大腸がんは早期発見をすれば今では根治できる病気です。早期発見にもっとも効果的なのが定期的な内視鏡検査です。進行したがんの治療で苦しんでいる方は大変多くいらっしゃいます。早期に発見できれば、身体的にも経済的にも、がんで苦しむ方は減っていきます。
定期的に楽な内視鏡検査を受診することで、将来的にがんに苦しまなくて済む。当クリニックはこの2つの「楽」を地域の皆様にお届けいたします。

経験豊富な内視鏡専門医が対応

院長写真患者様が精度の高い内視鏡検査を、苦痛なく楽に受ける事ができる、そのためには担当医師の経験や知識の豊富さが不可欠です。内視鏡の扱いを熟知し、熟練した技量と専門的な知識を駆使して検査を行うことが何よりも大切です。
加賀谷正クリニックの院長は日本内視鏡外科学会が認定する技術認定医であり、日本消化器外科専門医・指導医です。「内視鏡下手術を安全かつ適切に施行する技術を有し、かつ指導するに足る技量を有していることを認定」されています。経験が豊富で数多くの症例を見てきていますので、安心してお任せください。また、事前説明から検査内容、そして検査結果の説明まで一貫して院長が行います。

最新の内視鏡システム『LASEREO7000システム』


内視鏡はスコープの先端に装着されたCCDカメラの画像をモニターで観察するものです。最新の内視鏡システム『LASEREO7000システム』は、通常の観察に加えて、粘膜表層の血管や構造を強調させる「BlueLASERImaging(BLI)機能」や、画像の赤色領域のわずかな違いを強調させて表示する画像処理機能「LinkedColorImaging(LCI)」を搭載し、目的に応じて粘膜表層の微細な血管や構造、病変を強調してハイビジョンモニターに映し出します。それにより、早期に腫瘍や炎症を発見することが可能となります。

上部消化管内視鏡(胃カメラ)

システムに接続するスコープは、上部消化管内視鏡(胃カメラ)ではスコープ径わずか5.8mmという経鼻内視鏡を採用しており、患者さんの負担を和らげています。スコープ径を細くすることである程度の画質の劣化は避けられませんでしたが、最新鋭の経鼻スコープでは経口に劣らない広角で高画質な画像を得ることで、苦痛が少なく病変の早期発見が可能になります。

下部消化管内視鏡(大腸カメラ)

下部消化管内視鏡(大腸カメラ)も先端部径が11.7mmと大腸挿入がスムーズにできるサイズであり、腸壁を突いて痛みを感じさせにくくするため先端部の硬度調整が可能で、光学拡大機能によって病変部のより詳しい観察を可能にしています。

 

炭酸ガス送気システム

消化管の内腔を観察するために空気ではなく炭酸ガス(二酸化炭素)を送る装置を導入しています。これによって患者さんのお腹の張り、痛みなどを軽減しています。空気の200倍もの速さで腸管から吸収された炭酸ガスは呼気として体外に出て行きますので安心です。

内視鏡洗浄システム

過酢酸を用いた内視鏡洗浄システムを導入しています。過酢酸はHIVや肝炎ウイルスなど内視鏡を介して感染を起こす疑いのある既知の病原体に対して短時間で高い殺菌作用を持ちます。コスト面から多くの医療機関で使用されている強酸性水には殺菌効果を保証する科学的データの裏付けが乏しいため、当クリニックでは高水準消毒剤に該当する過酢酸による消毒システムを導入しています。

 

鎮静剤を使用した苦しくない検査

最新の内視鏡システムにより、検査が以前より楽になったとはいえ、それでも内視鏡検査に不安を感じられる患者さんはおられます。しかし、検査への不安からがんの早期発見に有効な検査をいつまでも避けいるのはもったいないです。そこで、当クリニックでは鎮静剤を静脈注射することで、半ば眠ったような状態で検査を受けていただける鎮静法での検査も行っています。ほぼ痛みを感じることがなく、安全で確実な検査方法です。
鎮静剤を投与するため検査後にふらつきが残ったりしますので、検査後に十分休憩していただく必要がありますし、当日は車の運転などはできません。できれば付き添いの方とご来院いただくことをお勧めします。

患者さんが落ち着いているため、見落としも少なくなります

鎮静法による検査では痛みや不安感が少ないため、患者さんもリラックスして状態も安定しています。スコープの挿入や粘膜のヒダを気体で伸長したりする操作も不快感をほとんど感じさせずにスムーズにでき、結果として隅々まで細かく見ていくことができます。

検査中に発見した病変をその場で切除(日帰り手術)できます

大腸がんのほとんどは大腸ポリープから進行します。ポリープの段階で切除できれば大腸がんを予防することができます。大腸内視鏡検査でポリープを発見した際には、がんになるポリープかどうかを見極め、将来的にがん化するリスクが高いものであれば内視鏡で切除する日帰り手術が可能です。あらためて手術のスケジュールを設定する必要がありませんので忙しい方にも便利です。
ポリープを切除する可能性がある場合には、検査前に十分な説明を受けていただく必要があります。また、出血や穿孔(腸に孔が空く)などのリスクもあるため、1週間ほどは旅行、飲酒や激しいスポーツ、刺激物の摂取などは控えていただくなどの制限があります。

 

検査結果をわかりやすく説明

検査結果についてはハイビジョンモニターで画像を確認いただきながら、当クリニックの院長がわかりやすくご説明いたします。検査終了後、画像ファイリングシステムで直ちに検査画像が収集され、確認することが可能なので、お待たせすることはありません。ご不明な点についてはその場で医師にご質問ください。

検査機器の洗浄・消毒を徹底

内視鏡による感染予防のために日本消化器内視鏡学会は検査機器の洗浄・消毒について厳しいガイドラインを定めています。内視鏡検査を行ったらその都度、すべての機器を手洗いしたうえで洗浄機で洗浄と消毒を行っています。当クリニックでは過酢酸を用いた高性能の内視鏡洗浄システムを導入していますが、システムは厳格な運用を確保することで初めて効果を発揮します。洗浄・消毒に関しては、「いつ」「誰が」「どの機器を」「どのように」という履歴を厳格に記録・管理することで、検査機器の衛生管理を徹底しています。

TEL:047-312-770724時間WEB予約
一番上に戻る
加賀谷正クリニック 千葉胆石手術Navi おしりのお悩み.com そけいヘルニア日帰り手術 専門外来 加賀谷正クリニック 千葉下肢静脈瘤治療ガイド 手掌(しゅしょう)多汗症の専門外来 手術後の遠隔診療ご希望の方はこちら 日帰り手術ドットコム