切れ痔(裂肛)について

切れ痔(裂肛)について

切れ痔の手術切れ痔は肛門の皮膚が切れている状態で、裂肛や裂け痔とも呼ばれています。硬く太い便の通過、勢いよく出る下痢などによって発症します。肛門は皮膚であり、知覚神経がありますので、切れると痛みを生じます。
切れ痔は女性に多い傾向がありますが、ほとんどが便秘によって起こっています。切れ痔の痛みを無意識に避けるために便秘が習慣化して切れ痔を繰り返す悪循環が起こりやすく、慢性化すると傷が深くなって肛門が狭窄し、ますます悪化していきます。

 

 切れ痔(裂肛)の主な症状

初期症状

  • 排便後、紙に少し血がつく
  • 排便時に痛みがあるが、少し時間が経つと痛みが消える
    ※切れた場所により痛みがほとんどないケースもあります。

慢性化した際の症状

  • 肛門にポリープや見張りイボなどの腫れができる
  • 肛門に潰瘍が生じる
  • 便が細くなる
  • 排便時に強く痛み、排便後も痛みが続く

切れ痔の治療

急性期

排便習慣の改善、便を柔らかくする薬、痛みや炎症を抑える軟膏などを用いた保存療法を行うことで、比較的短期間に治すことができます。この時期にきちんと治療を受けることで慢性化や再発を防ぐことができます。特に原因となる便秘や下痢の治療は重要です。

 慢性期

同じ場所が何度も切れて潰瘍化しています。傷が深くなるとともに、肛門ポリープや見張りイボができることもあります。進行すると肛門が狭窄を起こして硬く、狭くなってますます悪化していきます。保存療法で治療可能な場合もありますが、傷が治った場合もポリープや見張りイボは残ります。症状や状態によっては、手術が必要になる場合もあります。

 

切れ痔の手術

 肛門周辺の傷が線維化や瘢痕化を起こして肛門の皮膚が十分に伸びなくなり、狭窄して切れ痔の症状がますます悪化していきます。そのため、肛門を拡張する手術が必要になります。

用指肛門拡張術

肛門括約筋が過度に緊張することで激しい痛みを生じている際に用いられる日帰り手術です。局所麻酔を行ってから医師が指で肛門を広げ、括約筋に起きている過度の緊張をゆるめます。

裂肛切除術、肛門ポリープ切除

深い溝になっていて保存療法では効果の見込めない切れ痔に有効な日帰り手術です。裂肛部分を切除する際、同時に肛門ポリープや見張りイボも切除できます。

皮膚弁移動術(SSG)

線維化や瘢痕化した部分を切除し、近くの皮膚を欠損部分に移動させてかぶせる日帰り手術です。狭窄が解消するため慢性化した切れ痔の症状も改善していきます。

手術費用について

肛門ポリープ切除術症状や麻酔方法などによって費用はかなり変わってきますので、ここでは、目安の金額をご紹介しています。
健康保険適用で3割負担の場合の費用をご紹介しています。

肛門ポリープ切除術 約外来 4,000円
裂肛根治手術 入院(1日) 約20,000円
肛門形成手術 入院(1日) 約25,000円
加賀谷正クリニック
オフィシャルサイト 千葉胆石手術Navi 松戸無痛内視鏡
NAVI そけいヘルニア
日帰り手術専門外来 千葉下肢静脈瘤
治療ガイド 手掌(しゅしょう)
多汗症の専門外来 手術後の遠隔診療ご希望の方はこちら 日帰り手術ドットコム